ライトユーザーに朗報!格安SIMは500円/月まで抑えられる

MENU

CLOSE

ライトユーザーに朗報!格安SIMは500円/月まで抑えられる

格安SIMはここまで安くできる

373faf43d4befb70d6a29fbe25ce5708_s

格安SIM。データ専用プランの3GBなら500円/月まで抑えられる

スマホ料金を安くしたい。大手キャリアのサービスがいろいろと余計に感じてしまう。スマホをあまり使わないユーザーにとっては切実なお悩みだと思います。使っていないのに安くならない、その機能がいらないと言っても使用量を下げてくれない。

これでは無駄にお金を払っているだけです。それなら、格安SIMに乗り換えてしまいましょう。格安スマホとも言われますがSIMカードのみの契約も可能なのでそう呼ばれています。この格安SIMがどのくらいやすいのかというと、同じデータ通信量なら基本料金が半額以下になり、3GB/月なら基本使用料が1200円/月程度にまで下げることができます。

従来のスマホ料金が7000円近くであったことと比較してもずいぶんと安くなるものです。しかも、IP電話を用いるデータ通信プランならさらに安く、3GBで500円/月前後まで使用量を落とすことが可能です。

格安スマホはなぜ安い、メリットとデメリットを解説

今までとの違いに驚きますが、なぜここまで格安スマホが安いのか。これはMVNOの戦略にありました。そもそも通信には電波が必要なので大手キャリアにそれぞれの回線を使うための周波帯が割り当てられていました。そこで、大手キャリアから回線の一部を借りて通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)とよばれる事業者が現れました。

MVNOは価格を安くするために、使用回線量や店舗数を必要最小限にし、サービスや過剰な割引もなくしました。その結果、数1000円/月以上のコストダウンができるわけです。ただし、通信速度が安定しないことや、MVNOを比較しても使用感に大きな差がみられることといったデメリットはありますが、まだ発展途上の段階なので、いずれは通信回線も安定してくると考えられます。

低容量でも意外と使えるスマホの現実

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

動画さえ見なければ1〜3GBに収めるのは簡単

ところで、あなたはどのくらいの通信容量のスマホを使っていますか?ライトユーザーであればそれこそ3GB前後でしょうし、普通に使う人でも5〜7GB/月といったところです。そして7GBを超えると追加料金が必要になる場合が多いですね。

いま、若い人の間で通信容量を超えることをパケ死と呼ばれていますが、動画でも見ない限りは3GBでも余裕で収まることが分かります。ちなみに、パケ死とはパケット定額制が常識でなかった時代に使いすぎて数10万円もの請求が来ることを意味していました。言葉は時代と共に変わるのですね。

スマホで行うことと言えば、まず電話とメールだと思います。格安SIMにはキャリアメールがないので、フリーメールを使ったとしても1GBあれば300字で5万通は送れます。また1GBあればサイト閲覧も30000回は可能です。少なくとも、文章のやり取りだけでは1GBすらなかなか使えないことが分かりますね。通常のサイト閲覧やメールで容量を使うのが画像です。

画像の容量が多いため、写メールは1GBでも1000件くらいです。そして動画閲覧になると画質によって30〜90分くらいになります。動画閲覧も少しなら大丈夫なのです。さらに、自宅に光回線などをつないでいる人は、外での使用量だけを考えればOKです。

あえて大容量のプランを選びWifiに搭載するのもあり

そして、格安SIMをSIMフリーのルーターに差し込むことで、WiFiの代わりに使うことも可能です。格安SIMのプランは大手キャリアやWiMAXの通信料金よりも安くたくさんのデータが使えるので、キャリアスマホの更新まで期間があり、自宅回線がない人は使っていいかもしれません。また、格安SIMをすでに使っている場合もスマホをモバイルルーターにすることが可能です。これならモバイルルーターすらいりませんね。

373faf43d4befb70d6a29fbe25ce5708_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧