これは使いたい!SIMカード複数持ちのメリットとは?

MENU

CLOSE

これは使いたい!SIMカード複数持ちのメリットとは?

スマホを安くしたいなら格安SIMに乗り換えよう

2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s

今話題の格安SIM、格安スマホとどう違う?

いま、格安SIMの認知度が非常に上がっています。数年前までは知る人ぞ知る選択肢だったのに、家電量販店でも特設ブースが開かれTVCMも流れる時代になったのです。格安SIMについて調べていると格安SIMの他に格安スマホやMVNOという言葉も出てきますが、これらは基本的に同じものです。

今までは大手キャリアから選んでいたスマホですが、MVNO(仮想移動体通信事業者)が参入することによって多様な選択肢が得られました。MVNOの提供するプランの特徴はとにかく安いこと。

大手キャリアと比較しても半額以下でスマホが使えるので格安SIMや格安スマホと呼ばれています。SIMというのは個人情報を識別するカードのことを言うので、格安SIMも格安スマホもMVNOを差す言葉として大衆的に使われているようです。

格安スマホのメリットとデメリットはこちら

月々の使用量が安くなるのであればすぐにでも乗り換えたいところですが、格安スマホにも気を付けたいところがあります。主に、このようなメリットとデメリットがあるので確認してみましょう。

  • 格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは価格が安いこととプランが多様なことです。大手やリアだとある程度パッケージ化されたものから選ぶことが普通でしたが、格安SIMの場合はデータの使用量や音声通話、SMS、その他オプションサービスなどを自分でカスタマイズすることができます。

そのため、単純な価格以外でも比較ポイントがあります。月々の使用量が数千円安くなると1年の使用量は数万円安くなります。また、解約料も音声通話SIMを最長で1年間使えば原則なしです。もちろんキャリアを更新することもありません。

  • 格安SIMのデメリット

一方、格安SIMは店舗が少ないので電話やメールで会社の人と相談することが一般的です。電話での説明が苦手な人やメールが使い慣れていない人にとっては手厚いサービスがある大手キャリアの方がおすすめです。そして、MVNOは通信設備の一部を借りているので回線の量が少ないです。

特に回線の確保にお金をかけていないMVNOはすぐに通信速度が落ちてしまいます。理論上は大手キャリアと同じ通信速度でも、忙しいお昼時はサイト閲覧もうまくいかないほど遅くなる会社もあるようですだからこそ、レビューや口コミも確認したいものです。

複数枚発行でさらにお得なスマホ生活

5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_s

スマホとタブレットが一つのプランで使える

格安SIMのプランを調べているとSIMカードを複数枚発行できるプランの存在に気づきます。何枚発行してもデータ容量は一緒。これに何の意味があるのでしょうか?こたえは、基本料金が安くなることです。例えば3GBのSIMカードはだいたい1000円/月、音声通話対応でも2000円以内です。

しかし、1GBのSIMカードはデータ通信のみで500円/月、音声通話付きで1200円/月くらいなので、普通に3枚契約するとそれなりの差が出てしまいます。これが5枚になるともっと差が出ます。どんなものでもまとめ買いが安いのです。

このプランがおすすめな人はスマホの他にタブレットやモバイルルーターなどを使う時です。この時は無理に3回戦契約しなくても1つにまとめられるので、大容量のものほど安さを感じることができます。

家族での使用も安くなるかも

そして、家族で使う場合も複数枚発行の方がおすすめです。みんなが違うSIMにするよりも安上がりです。ただし、電話番号は一つなので残りの人はIP電話の使用が必要です。IP電話は通話品質はそこまで悪くありませんし、緊急通報できないくらいしか目立ったデメリットはありません。

2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧