スマホとWiFiが一人二役、テザリングシステムも安くなる

MENU

CLOSE

スマホとWiFiが一人二役、テザリングシステムも安くなる

意外と知らない?スマホはWiFi代わりに使えます

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

いざという時に役立つテザリングシステム

外出した先にWi-Fiスポットがなかった、モバイルルーターも電池が切れている…そんな時にはスマホをWi-Fi代わりに使えます。それがテザリングという機能です。知らない人にとってはピンとこない話かもしれません。しかし、スマホはWi-Fiと同じように電波を受信しているので、あとはパソコンとの無線接続さえできれば、モバイルルーターとして使えるわけです。

モバイルルーターと言えばdocomoのXiやWiMAXなどが有名ですが、XiもSIMカードが入っているからネット接続ができています。つまり、格安SIMをSIMフリーのモバイルルーターに差し込めば格安SIMの通信エリアと通信速度でWi-Fiが使えるのです。

テザリングを使う前に対応スマホであることを確認

ただ、テザリングを行うためにはテザリングに対応しているスマホであることが条件です。もし、テザリングに対応していなければネット接続はできません。製品カタログにもしっかり書いているので、今お持ちのスマホを確認してみましょう。

また、テザリングは通常のスマホしようと同じようにデータ容量を消費します。そのため、モバイルルーターと比較して通信制限に陥るスピードが速くなるので、あくまで急場しのぎと考えておきましょう。しかし、格安SIMの場合は大容量プランも安く使えるので、スマホとルーターの二台持ちと比較しても安上がりになることが考えられます。

格安SIMなら大容量プランでも非常に安い

ede0beb56955386cb808516b4280df8b_s

格安SIMはここまで安い

では、格安SIMはいったいどのくらいやすいのかというと、スタンダードな5GBで音声通話付きのプランで2300円/月くらいです、端末も安くて10000円台なので格安SIMとセットで格安スマホと呼ばれることも良くあります。また、格安スマホはどの会社のSIMも指せるので周波数を確認の上お好みのものを買いましょう。

格安SIMが安いのは提供元であるMVNOのやりかたが大きな理由です、大手キャリアであれば通信設備にお金をかけ、店舗もたくさん設けることでスマホ初心者でも安心して利用できる環境をつくっています。しかし、その分基本使用料が高いことや解約料がかかること、契約が非常にわかりづらいことといったデメリットやクレームもあります。

一方MVNOは大手キャリアの回線を借りるだけなので設備投資にお金がかからず、店舗もほとんど設けていません。オプションサービスも必要最低限にしているので大手キャリアの半額以下まで基本使用料を下げられるわけです。

前述のように、5GB/月なら音声通話付きで2300円前後、音声通話なしのIP電話のみのプランなら1200円/月前後になります。7GB/月なら音声通話付きで3000円/月前後になります。逆に3GBまで減らすと音声通話付きでも2000円を下回り、1GBならもっと安くなります。

テザリングを前提にするなら10GB〜無制限プランがおすすめ

では、テザリングをするならどのくらいのデータプランが望ましいのかというと10〜データ無制限のプランをおすすめします。これは、通常のスマホ使用だけで多い人は5〜7GBは使ってしまうからです。そのくらいのデータ通信をする人は例外なく動画を見ているのでYoutubeで暇つぶしをしている人は、それをやめるだけで通信容量を抑えられます。

動画をあまり見ない人は3GB/月もあれば十分です。そこに、PCの使用量が5〜7GBと考えればやはり10GB以上が望ましいです。音声通話のないプランであれば10GBで3000円未満ですし、今までの電話番号が使えるプランでも3000円/月程度で使うことが可能です。中にはデータ無制限プランもありますが、こちらも同じような値段で使える反面速度に難があります。

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧