MENU

CLOSE

mineo<ケイ・オプティコム>

mineo
docomoもauも使えるマルチキャリアmineo

mineoはdocomoかauの回線を選べるMVNOキャリアです。

これにより、同じキャリアのスマホであれば新しくスマホを買い替えなくても利用することができます。ただし一部利用できない端末があり注意が必要です。

docomoとauのサービスには多少差があり、docomoは回線速度が有利、auは利用料金が割安なのとSNSサービスが標準で付くのがメリットです。

月額費用 700円〜
契約事務手数料 3,000円
使用回線 docomo・au
音声通話プラン あり

mineoの口コミをご紹介

  • 通信速度、悪くないのでオススメです

    090音声通話有りを選べたのでmineoにしました!ドコモプランでも今までの半額程度。使ってたスマホを活用できるのもメリットです。家族割があるのもちょこっとですがお得感があり、家族で使用したいと感じるほど。通信速度も遅くないのでキァリアの料金に不満がある人にオススメできるサービスだなと感じています。

  • 料金が格段に安くなって良かった。

    スマホを格安に利用したい思いから、mineoを利用しました。mineoはキャンペーンだったり、プランなどがすごく充実していますので、mineoを選びました。利用してから料金が格段に安くなりましたし、通信速度についてもイライラしないで使えることができとても満点しています。今後も、利用していきたいです。

mineoの詳細へ

TSUTAYAのスマホTONE<TSUTAYA>

tone
定額1000円無制限で使えるTONEスマホ

TONEモバイルは月々定額1000円で無制限に使えるSIMが売りのMVNOですが、同時に格安スマホも購入することができます。

エントリーモデルの「TONE m14」とハイスペックの「TONE m15」の2機種があり、m15は他社の最新スマホと比べても遜色ないスペックがあります。

端末は分割払いでも購入できるため、simと合わせて月支払い2000円程度も可能です。

月額費用 1,000円〜
契約事務手数料 3,000円
使用回線 docomo
音声通話プラン あり

TSUTAYAのスマホTONEの詳細へ

格安スマホのUQモバイル<UQコミュニケーションズ>

uqmobile
選べる端末が多数アリ!格安SIMでも通話をしたい!

UQ mobileは、郵送と店頭でMNPができてどちらの方法でもすぐに電話が利用できます。

特徴は、選べる端末の種類が多いことから、自分の欲しい端末がすぐに見つかります。

また、2017年3月から格安SIMでも通話をしたいという人にとって、5分間かけ放題のサービスが始まりますので、通話も通信も両方で使いたいという人にはニーズがあります。

月額費用 980円~
契約事務手数料 3,000円
使用回線 au
音声通話プラン あり

格安スマホのUQモバイルの詳細へ

U-mobile<U NEXT>

u-mobile
定額料金でLTE通信が使い放題!U-mobile

「U-mobile」は株式会社U-NEXTが提供するMVNOサービスです。

ドコモ端末や最新のiPhoneを含めて100種類以上の機種に対応した格安SIMを使用することでサービスを利用できます。そして料金プランの一つである「U-mobile PREMIUM」では、定額料金で無制限にLTE通信を使用できます。

またNTTドコモのエリアと同等の広範囲で利用可能です。

月額費用 680円~
契約事務手数料 3,000円
使用回線 docomo
音声通話プラン あり

U-mobileの詳細へ

BIGLOBE SIM<BIGLOBE>

biglobe-sim
無料WIFIスポットが多くて通信量も安心!

BIGLOBEは郵送と店頭でMNPができます。

店頭でならどなたでも即日でMNPができますし、郵送でもSIMとスマホを同時購入なら電話が使えなくて困る心配がありません。

他のMVNOと比較しても、圧倒的に無料WIFIスポットが多くありますので、外出先で通信量を気にすることなく通信したい人にとってはオススメの格安SIMになります。

月額費用 900円〜
契約事務手数料 3,000円
使用回線 docomo
音声通話プラン あり

BIGLOBE SIMの詳細へ